妊婦の腰痛対策

 

妊婦は腰痛になりやすい

妊娠中期から多くなるのが妊婦さんの腰痛。程度の差こそあれ、ほとんどの人が感じるようです。
そこで、痛みを和らげる対策を紹介。

 

腰痛の原因

お腹が大きく、重たくなってくると、体のバランスをとるために
どうしてもそり返った姿勢になり、腰や背中が痛くなります。

 

さらに妊娠すると赤ちゃんが産道を通りやすくなるように
骨盤の関節や靱帯をゆるめるホルモンが分泌され、
お腹を支える力が弱くなって余計に腰に負担がかかります。
ですから、腰痛体操や生活面での注意が必要になります。

 

 

腰痛の予防や治療に効果的な腰痛体操

1-1.アキレス腱を伸ばすときのように前に出した足のひざを曲げ、後ろ足を伸ばして、壁に手をつく。
1-2.腕立て伏せの要領で、体を前後に押したり引いたりする。足を交互に5~6回。

 

2-1.足を肩幅に開いて立ち、両手を上げる。右手首を左手でつかんで引っ張るように上げる。
2-2.左手で右手を引っ張り、体も伸ばす。同時に右ひざを曲げる。反対側も同様に、交互に5~6回。

 

3-1.イスに深く座って、背筋を伸ばし、正面を向く。
3-2.おへそをのぞき込むように、体を曲げる。

 

4-1.イスに深く座って、手のひらを外側に向けて組み、できるだけ腕が前にいくようにする。
4-2.背中を丸めて、腕を強く伸ばしたり、ゆるめたりする。頭は床と平行になるように下げる。

 

 

腰痛を起こさないための工夫

■正しい姿勢を身に付ける
壁によりかかり、背中をピッタリつける。かかとを徐々に壁際へ。

 

■腹帯やマタニティガードルをうつも着用

 

■腰を落として荷物を持ち上げる
荷物にできるだけ体を近づけて、ゆっくりと立ち上がる。
立ったままで、腰を曲げて荷物を持ち上げたりしない。

 

■荷物は両手にバランスよく持つ
ときどき休むことも大切。

 

■アイロンかけも背筋を伸ばして
体を曲げずに、アイロン台の高さを調節する。

 

■台所仕事はときどき休んで
台所にイスを置いて、ときどき休憩。足を低い台に片足ずつ交互に乗せると楽。

 

■固めの布団に寝る
ふわふわの布団はX

 

■起き上がるときは腕などで体を支えながら
急に起き上がろうとしない。


 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。