妊娠中の痔の予防と治療

 

妊娠すると痔になりやすい

妊娠中、便秘や痔に悩まされているママも多いでしょう。
でも、「恥ずかしいから」とそのままにしてしまわないこと。
持病にしたくなかったら、今からでも日常生活の見直しをしましょう。

 

痔の原因と種類

妊婦のほとんどが多少の便秘を経験していますが、
この便秘が高じると痔に悩まされることになります。
特に痔っで出血があると、貧血になることもあるので要注意です。

 

そもそも痔とは・・・大きく分けて3つの種類があります。

痔核(いぼ痔)

肛門や直腸付近の静脈がうっ血すると痔核になります。妊娠すれば子宮が大きくなって骨盤内の血管を圧迫し、血のめぐりも悪くなり、うっ血を起こしやすくなります。そこへ便秘となると、いきんでかたい便を出そうとしますから、さらにうっ血しやすい状態になるのです。妊娠、出産時に一番多いのは、この痔核です。

 

裂肛(切れ痔)

便がかたいと、無理に排便したときに肛門のふちが切れることがあります。こうなると排便するたびに痛い思いをしなくてはなりません。

 

痔ろう

裂肛になったところから細菌感染が起こり、膿が出るようになった状態です。

 

このほか、痔核の一部が外に押し出されてしまうこと(脱肛)もあります。

 

 

痔の予防

予防策として、便秘にならないことのほかに、
辛いもの、刺激物もなるべく食べないようにしましょう。
激辛と言われるようなものを食べると、顔まで赤くなって汗ばんできますが、
これは血管が広がったための現象。これが痔には大敵なのです。

 

うっ血を防ぐためには、お風呂に入って温まり、
肛門のあたりの血液循環をよくすることも効果的です。
下半身を冷やさないようにすることもお忘れなく。
もちろん、肛門のまわりは清潔にしておきます。

 

妊娠中期で痔になってしまった人は、とくに注意してください。
大きくなった子宮に圧迫されて条件は悪くなる一方です。
ひどく痛むときは、軟膏や座薬を処方してもらいましょう。

 

もともと痔を抱えているという人は、思い切って手術で治してしまう手もあります。
医師の許可が得られれば、そのほうが安心と言えます。

 

  • 辛いもの、刺激物はダメ
  • 便秘にならないように
  • 長時間の立ち仕事は控える
  • 風呂で肛門部を温める
  • 洗浄機能付き便座を使用
  • トイレなあと横になって休み、肛門周辺のうっ血を取る

 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。