出産費用

 

出産費用はいくらかかる?

定期健診に、赤ちゃんの準備。
「子供を産むって、本当にお金がかかること」と、ため息をつくママも多いことでしょう。
しかし、なんといっても大きな負担になるのが出産費用です。
どれくらいを見込んでおけばいいのでしょうか。

 

必要な費用は事前に調べて

出産の基本的な経費としてはベッド代、分娩代、入院中の食費や投薬代金などです。
もちろん、自分が出産をする病院の基本料は、事前に聞いておかなければいけません。

 

まず、ベッド代は何人部屋かによって変わってきます。
個室なら当然高くなりますから、7日間いるとなると、割安な大部屋の人との差はばかにできません。

 

また、出産が深夜や休日になってしまった場合も、割増料金となりますので覚えておきましょう。
分娩費用も通常分娩か帝王切開かなどによって変わってきます。
帝王切開のほうが高くなりますが、保険がきくので高額にはなりません。
ただし、入院期間が通常の2倍はかかりますので、その分、入院費がかかります。

 

国公立の病院は低めということはありますが、30万から50万前後の額を見込んでおけばいいでしょう。

 

 

妊娠・出産に関する費用

妊娠中にかかる費用
  • 初診料 10,000~20,000円
  • 健診料 3,000~5,000円
  • 検査料 2,000~8,000円

 

出産にかかる費用
  • 個人病院  350,000円~
  • 国公立病院 300,000円~
  • 大学病院  350,000円~
  • 助産院    250,000円~

 

 

健康保険などの給付金

健康保険に入っていれば、産後に40万円ほどお金が戻ってきます。
また、会社の組合などからお祝い金などあります。

 

また、どうしても都合のつかない人のためには、公的な機関からの補助制度があります。
所得金額によって受けられるかどうかは決まりますが、
市役所か区役所へ行き、どんな制度になっているか聞いてみてください。


 

関連ページ

逆子&逆子体操
妊娠線を極力少なくするためにはまず予防が大切。ができてしまったときの対策。
双子妊娠中の注意
双子の妊娠は妊娠中毒症や早産などになりやすくなります。
里帰り出産の時期・準備
里帰りの時期・準備・注意点など出産に向けてやるべきことを解説。
陣痛の痛み
出産には苦しみと痛みがつきもの。でも、ちょっとしたテクニックで陣痛の痛みを和らげることができます。
臨月の妊婦
臨月が近づくと妊婦はどのような変化を感じるのでしょうか?出産への心構えをしましょう。
出産の兆候
出産は突然やってくるものではありません。出産の兆候におしるし、陣痛、破水などがあります。それぞれの症状と対処について。