臨月の妊婦

 

臨月の妊婦はどんな状態!?

妊娠37週からは「正期産(せいきさん)」の範囲です。
このころからは、いつ生まれてもいいように、
ママの体と赤ちゃんの体、両方の準備が整っていきます。
そして、いよいよ出産が近づくと、体にいろいろな変化を感じます。

 

臨月の赤ちゃんの状態

ふっくら赤ちゃんに

いつ生まれてもいいように、内臓、筋肉、神経などの発達は完了。
皮下脂肪もついて、すっかり赤ちゃんらしくなります。

 

体内時計も完備

起きているときと眠っているときの区別がはっきりつきます。
赤ちゃんなりのリズムができあがり、ママが眠っているのに赤ちゃんは起きていることがあります。

 

頭を下にした正常位で固定される

ママの骨盤の中に頭が下がってくるため動きが静かになります。

 

 

臨月の妊婦の状態

トイレが近くなる

赤ちゃんが下がってくることで、腸や膀胱を圧迫して、頻尿や残尿感があってスッキリしません。
便秘になったり、反対に便の回数が増えたりすることも。

 

お腹が張ったり、痛んだりする

子宮が収縮して、1日に何回かお腹がキューッとかたくなります。
定期的に収縮が繰り返されるようになったら病院に連絡を。

 

体重が増えなくなる

赤ちゃんが十分に成長したためです。

 

胃や胸の圧迫感が消える

出産が近くなると赤ちゃんの頭が骨盤の中まで下がってくるため
、胃や胸の圧迫感がなくなり、楽に。
動悸や息切れもあまり感じなくなり、食欲も出てきます。

 

おりものが増える

粘り気のある透明か白色のおりものが増えます。
下着の交換はこまめに。市販されているおりものシートを使うのも手。

 

足の付け根がつっぱたり、腰痛が出たりする

赤ちゃんの頭が骨盤の中にある神経を圧迫して、
足の付け根がつれた感じに。腰痛がひどくなる人もいます。


 

関連ページ

逆子&逆子体操
妊娠線を極力少なくするためにはまず予防が大切。ができてしまったときの対策。
双子妊娠中の注意
双子の妊娠は妊娠中毒症や早産などになりやすくなります。
里帰り出産の時期・準備
里帰りの時期・準備・注意点など出産に向けてやるべきことを解説。
出産費用
妊娠・出産にかかる費用は大きな負担。出産にかかる費用の平均、また産後にもらえる給付金について。
陣痛の痛み
出産には苦しみと痛みがつきもの。でも、ちょっとしたテクニックで陣痛の痛みを和らげることができます。
出産の兆候
出産は突然やってくるものではありません。出産の兆候におしるし、陣痛、破水などがあります。それぞれの症状と対処について。