妊娠・出産の苦痛軽減

昔から、妊娠5ヶ月目の戌の日(いぬのひ)に安産を願ってさらしの腹帯を締める習慣があります。これは、多産で出産が軽い犬にあやかったもの。岩田帯という言い方もありますが、これは岩のように強くたくましい赤ちゃんが生まれるようにという意味。でもなぜこの時期に腹帯なのでしょう。腹帯とマタニティガードル腹帯は、医学的立場からみれば、しなければいけないというものではありません。特に暑い夏ではうっとうしいものです...

妊娠・出産の正しい知識や赤ちゃんの世話の仕方まで、保健所や病院などで、専門の人たちが教えてくれるのが母親学級です。妊婦仲間をつくる絶好のチャンス、ぜひ参加しましょう。最近はパパのための父親学級や二人そろっての両親学級、カルチャーセンターやデパート主催の母親学級などもあります。自分の都合に合ったところを選んで、賢く利用しましょう。母親学級のいろいろ週1回、2時間程度の講習が4~6回に分けて行います。...

最近、なんとなくブラジャーがきついなと思ったら、それはおっぱいが大きくなってきた証拠。乳腺の発達を妨げないために、ワンサイズ上のブラジャーか、授乳用のものに変えましょう。また、赤ちゃんが生まれてからは、おっぱいが思い通りに出ない、うまく飲ませられないなどいろいろなトラブルが・・・。それを防ぐためには、今からおっぱいのマッサージが必要なのです。おっぱいのマッサージの仕方妊娠16~23週反対側の手を使...

足、腰、背中にかかる負担をやわらげて、血液の循環をよくし、むくみもとれるというのが妊婦体操。それだけではなく、この体操をやるのと、やらないのとでは分娩時間が違うという報告があります。妊婦体操をする前の注意点切迫流産、切迫早産などで「安静」の指示のある人はしないお腹か張る、痛む、出血があるときは中止空腹時、食後30分、入浴後などは避ける1日30分くらいが目安妊娠体操の方法股関節をやわらかくする1左右...

ふと目についたお腹のひび割れのような線。赤紫色で、イナズマのようにギザギザしていて、何かと思ったら、それは妊娠線。どうしてこんな線がお腹にできるのでしょうか。妊娠線とはお腹が急に大きくなると、皮膚は伸びても、皮下脂肪はその伸びについていけずに亀裂を起こします。これが妊娠線で、妊婦の70%前後に出るというものです。出やすいのはお腹ですが、おっぱいや太もも、ふくらはぎ、おしりなどにも出ます。また、妊婦...

対象商品購入でヒトプラセンタジェル無料プレゼント 300 x 250