出産方法 種類

 

出産の方法はいろいろある

「納得のいく産み方をしたい」という声が増えています。
もし希望の出産方法がある人は、それを受け入れてくれる病院を選ばなければなりません。
出産方法にはいろいろあります。長所・短所をよく知った上で、あなたにピッタリの産み方を
見つけましょう。

 

 

出産方法の種類と特徴

自然分娩

基本的に薬を使わず、呼吸法や補助動作で痛みをやわらげる、ごく一般的な出産の仕方。多くの病院がこのスタイルをとっています。

計画分娩(誘発分娩)

陣痛促進剤で陣痛を誘発させ、計画的に出産する方法。出産日を選びたい、平日の昼間に産みたいなど産む側の個人的な理由による場合が多いですが、早く生まないと危険な状態といった場合にも行われます。

無痛分娩

麻酔やハリで出産時の痛みをやわらげる方法。麻酔の使い方もさまざまで、意識はあっても痛みを感じないまま出産できます。合併症のある人に有効。

ラマーズ法

出産知識を理解し、独特の呼吸法と補助動作をマスターし、パートナーと積極的に出産に取り組む方法。人工的な処置は加えず、自然にまかせて産む姿勢が基本。

水中出産

温水の中でリラックスしながら、自分に合った姿勢で産むことができ、アクティブバースのひとつとも言えます。

ソフロロジー

ヨガをベースにしたストレッチ体操とイメージトレーニングを行うことで、陣痛や出産時の痛みをやわらかく受けとめる方法。

座位・立位分娩

座った姿勢、あるいは立った状態で出産する方法。からだの構造や重力の点から考えると、スムーズに産むことができるといわれています。

アクティブバース

姿勢、呼吸法、補助動作などに決まりがなく、自由なスタイルで、自分に合ったリズムで出産する方法。

LDR

自宅にいる気分でリラックスして出産にのぞむことを目的に、医療器具が組み込まれたデラックスタイプの個室で産む方法。すべてがひとつの部屋ですむように用意されているので、費用は高くなります。


 

関連ページ

妊娠の兆候
妊娠すると体に変化が現れます。妊娠初期の兆候をすばやく察知することは大切です。
産婦人科の選び方
あなたの条件にピッタリの産婦人科を選ぶことは大切ですよね。産婦人科の種類・特徴・評判・口コミなどをふまえて、産婦人科選びのチェックポイントを解説。
出産予定日の計算方法
生理が規則正しい人、そうでない人の出産予定日の計算の方法があります。また超音波検査でより正確な出産予定日を出すことができます。