妊娠後の検査

 

妊娠が分かったらどんな検査する!?

身長、体重、血圧の測定

まず、身長、体重、血圧の測定を行います。
この数値がこれからの基準となりますので、しっかり覚えておきましょう。
とくにポイントとなるのが体重。これからどんどん増えていくわけですが、
増えるのは当然とばかりに増えすぎるとあとが大変。
必要以上の体重増加は難産や異常の原因ともなるため体重管理は厳しいのです。
また血圧も高血圧・低血圧ともに要注意です。
これからは、いずれも最初の数値から記録していき、正常な範囲かどうかを医師が判断します。

 

 

血液検査

赤ちゃんとママの体を守るために、初診時に行われます。血液検査は義務づけられているものと
希望によって行われるものとがあり、必要に応じて定期健診中に何度か調べてくれます。

 

血液型

ABO型とRh型の両方を調べます。

貧血

ママが貧血だと赤ちゃんに酸素や栄養を十分に送ることができません。

梅毒反応

ママに梅毒があれば、赤ちゃんにも感染。反応が陽性なら治療が必要。

風疹抗体

妊娠初期の風疹はお腹の赤ちゃんの大敵。障害をもった赤ちゃんが
生まれる確率が高いためママの抗体価を調べます。

B型肝炎

これも母子感染を防ぐためHBS抗原の検査をします。ママにウイルスがあっても、
出産後赤ちゃんにワクチンを接種することで予防ができます。C型肝炎も調べます。

クラジミア

妊婦の3~5%はクラジミアのキャリアといわれるほど最近は増えています。
出産時の母子感染を防ぐため、ほとんどのところで検査項目のひとつに加えられています。

 

希望者のみ検査
トキソプラズマ抗体

犬、猫、小鳥などペットを飼っている人が心配する寄生虫の検査。

エイズ

万が一の結果が心配な人のために匿名検査も行われています。

ATL(成人T細胞白血病)

母子感染は母乳を通して。それを防ぐため心配な人はウイルスの有無を調べてもらいましょう。

 

 

超音波検査

超音波検査は、超音波をあてて、お腹の中の様子をみる検査で、初診時にほとんどの病院で行われます。

径膣と径腹の2タイプの超音波法

初診で行われるのは超音波断層法です。
初期の初期なら膣の中から、12週以降はお腹の上から超音波を出す装置を当てます。放射された超音波は子宮内に達して反射し、はね返ってきた超音波をキャッチするとモニターのブラウン管には子宮内が映し出されます。

 

超音波で分かること
初診時
  • 妊娠しているかどうか
  • 妊娠の週数
  • 出産予定日
  • 正常な妊娠かどうか
  • 確実に育っているか
初期
  • 双子や三つ子などの多胎妊娠
  • 前置胎盤
中期
  • 順調に育っているか
  • 赤ちゃんの性別
後期
  • 逆子など

 

関連ページ

妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。