妊娠中の薬の影響

 

妊娠中に薬を飲む影響

ほどんどのママは、薬は赤ちゃんにとって悪影響と思い、不安になるもの。
市販薬に強い作用のあるものはめったにないので、ほどんど影響ないと言われています。

 

妊娠したら薬はむやみに飲まない

妊娠がわかる前に飲んでしまった薬のことを気にかけるママは多いけれど、
お腹の赤ちゃんにとって、すべての薬が悪いわけではなく(もちろん、よいわけでもありませんが)、
とくに市販薬では、きちんと服用の注意に従ってのんでいれば問題はないようです。

 

かつて大きな社会問題となったサリドマイド薬害事件以来、国は市販薬へのチェックを厳しくし、
あらゆる薬について、妊娠中の服用に問題はないかを検討しなおしました。
新たに開発されたものについても、動物実験とそのデータの提出を義務づけています。

 

ですから、問題となるような薬は市販されていないと考えてよいでしょう。
だからといって、安易に薬に頼ってもよいというわけではありません。
薬は必要なときに必要な分だけ飲むように。

 

妊娠と知らずに飲んでいたら、その薬を医師に見せて判断を仰ぎましょう。

 

 

妊娠中の気になる薬

ほとんど心配ない薬
  • 胃腸薬 2~3回飲んでも心配はないようです。症状が長引くようなら、医師に処方してもらったものを服用する
  • 便秘薬 基本的に問題はないようです。大腸刺激型より、便をやわらかくする膨張型のほうが好ましい
  • 痔の薬 座薬や外用薬なら心配なし
  • 点眼薬 抗生物質や抗菌剤が入っているものでもあまり心配ない
  • うがい薬 少しくらい飲み込んでも大丈夫
  • ドリンク剤 ビタミン、カフェイン、アルコールが含まれているが心配ない。
  • 貧血の薬 妊婦も服用するので心配ない

 

心配はないが慎重に飲む薬
  • 風邪薬 鎮痛、解熱、抗ヒスタミン剤などが含まれているが、各成分とも少量なのでそれほど問題にはならない
  • 下痢止め 症状がひどい場合は医師の処方した薬を服用
  • 鼻炎・花粉症の薬 局所的な点鼻薬などは心配ないが、内服するのものは医師に相談を
  • 酔い止め 1~2回の使用なら問題ない
  • ビタミン剤 規定量を守っていれば大丈夫
  • 漢方薬 副作用は少ないものの、専門医の指導のもとでの服用がベター

 

医師の処方のもとで、きちんと飲む薬
  • 鎮痛剤・解熱剤 1~2回なら心配ない。今後は医師と相談して指示にしたがう
  • トリコモナス・膣炎の薬 内服薬の服用は避ける。妊娠中期以降に治療を
  • カンジタ膣炎の薬 医師に相談を
  • 膀胱炎の薬 必ず医師の処方に従って服用

 

医師の処方のもとで、かなり慎重に飲む薬
  • 副腎皮質ホルモン 塗り薬を少量使用した場合を除き、使用は必ず医師と相談してから
  • 睡眠薬 催奇形性が報告されているものもある。妊娠中の服用は避けるように

 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。