妊婦の病気

 

妊婦が注意したい病気はいろいろ

妊娠中は軽い風邪にかかっただけでも、赤ちゃんへの影響を心配してしまいます。
ママにしてみれば、すべての病気が心配の対象になるでしょうが、
心配な病気とそうでない病気とがあるのを覚えておきましょう。

 

風疹

この病気は、おなかの赤ちゃんへも影響があり、しかもどんな異常を起こすかというデータもあります。
でも妊娠前に抗体があれば大丈夫。以前かかった覚えのある人も、
中学生のときに予防接種を受けた人も、念のために風疹抗体価を調べてもらいましょう。
抗体のない人は人込みを避けて、感染しないようにします。帰宅したら、うがい・手洗いを実行。
また、出産を終えたあとは、つぎの出産のことも考えて、すぐにワクチンを打ってもらうと安心ですね。

 

 

妊娠中にかかると心配な病気

病名 赤ちゃんへの影響 予防 感染した場合

風疹
(三日はしか)

妊娠初期はとくに要注意。白内障、聴覚障害、心臓奇形など

妊娠前・・・
抗体検査、予防接種を。接種後2ヶ月避妊。妊娠後の予防接種は不可。
妊娠後・・・
抗体検査。抗体がなければ細心の注意を。人込みは避ける、外出から帰ったら、うがい・手洗いを。

暖かくして安静に。妊娠週数を告げて、産婦人科へ。

水疱
(水ぼうそう)

腕や足などの形成異常など 上記と同じ 3日以内に免疫ゴロブリンの注射を打つ
帯状疱疹   上記と同じ 上記と同じ

伝染性紅斑
(りんご病)

胎児水腫など 流行している時期は外出を控え、帰宅後はうがい・手洗いを 安静にして産婦人科へ。もし感染しても90%は正常な赤ちゃんを出産している

麻疹
(はしか)

  念のために抗体検査を。妊娠中の予防接種は不可 産婦人科へ
おたふくかぜ 妊婦や赤ちゃんには問題なし 上記と同じ 上記と同じ
夏かぜ 胎児への影響はないが、新生児が感染すると脳炎を起こすことも 出産前後は、体力を蓄えておく。調子が悪ければ大事をとる 産後に感染した場合は、治るまで赤ちゃんには触れない。産婦人科へ。
サイトロメガロウイルス感染症 脳障害、肝臓障害など 完全な予防策はないが、抗体をもっていない人は5%とごく少数。妊婦中に初感染したときのみのケースで、まれ。  

かぜ
インフルエンザ

  人込みへの外出を控え、外出後はうがい・手洗いを あたたかくして安静に。産婦人科へ

 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。