流産の原因と予防

 

流産の原因と予防について

流産の多くは妊娠初期。しかも8週以前と、妊娠が分かったか分からないかというごく初期がほとんどです。
悲しい結果となる流産ですが、その原因は何か、そして予防法はあるのでしょうか。

 

流産の原因

妊娠初期の流産の原因は赤ちゃん側に問題があって、うまく育たなかったものが多いと言われています。残念なことですが、これは防ぎようのないものです。

 

しかし、中期以降の流産は、母体側に原因があることが多いです。例えば、子宮筋腫や頚管(けいかん)無力症のような疾患、転倒などの事故、過労やストレスなどです。
でも、これらはある程度、未然に防ぐことのできるもの。気をつけることで防げるのなら、それを最優先にしたいものです。

 

 

流産の予防

流産の多くは妊娠初期に集中しています。いち早く妊娠がわかっていれば、いちばん危険な時期に、過労や激しいスポーツなどを避けることができます。
いちばんの予防は、なんといっても妊娠を早く知り、日常生活に注意することです。

 

なるべく避けたいこと
  • 重いものを持つ
  • 激しいスポーツ
  • 過労
  • 体を冷やす
  • 激しいセックス
  • 精神的ストレス
  • 激しい下痢

 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
つわりの症状
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。