つわりの症状

 

つわりとはどんな症状!?

なってみないと分からないつらくて苦しいのが「つわり」。
早い人では生理がちょっと遅れているな・・・と思っているうちに始まります。
始まる時期やおさまる時期が人それぞれなように、その症状や程度も個人差があります。

 

個人差の大きいつわり

つわりは吐き気や嘔吐に代表されますが、その他にもだるい、眠いなどいろいろな症状があります。
症状がさまざまなら、程度もさまざまで、つわりがない人や産む苦しみよりつらかったという人までいます。
何も食べられず吐いてばかりいても、赤ちゃんに影響があるわけではありません。
心配せずにおさまる日を待ちましょう。また、つわりがないからといって、流産を心配する必要もありません。
個人差が大きく、なんとも不公平なつわりですが、少しの間の辛抱です。

 

 

つわりの症状

下記の症状がいくつも重なる人、ひとつだけの人など個人差があります。

  • 食欲がなくなる
  • 食べ物の好みが変わる
  • すっぱいものが食べたくなるだけではなく、すっぱいものが嫌いになる人も。お酒やタバコが好きになる人も。
  • 体がだるい
  • やたらに眠い
  • 微熱が出る
  • においに敏感になる
  • 口臭が出る
  • 舌が荒れる
  • 口が渇く
  • ゲップが出る
  • 尿量が減る
  • 便秘がひどくなる
  • 乗り物に酔いやすくなる
  • 人込みで気分が悪くなる
  • 肌にうるおいがなくなる
  • 脈が速くなる
  • 気分が落ち込む
  • イライラする
  • 感情の起伏が激しくなる

 

関連ページ

妊娠後の検査
妊娠が分かったらまずどんな検査をするのでしょうか?妊娠確定後に行う検査について。
妊娠中の薬の影響
風邪薬・便秘薬・花粉症の薬・睡眠薬やドリンク剤など妊娠にどのような影響を与えるでしょうか?それぞれの薬のリスクを分かりやすく解説しています。
血液型不適合の妊娠
妊娠や出産で血液型不適合と診断されることがあります。血液型不適合にはどう対処すればいいのでしょうか?
ペットからの病気感染
ペットを飼っていたり、ほかの家のペットに接触することで妊婦や赤ちゃんへの病気の感染の可能性・注意点について。
妊婦の病気
妊婦がかかると心配な病気の予防・対策。お腹の赤ちゃんに及ぼす影響は!?
流産の兆候
流産する前に兆候が分かれば早めに対応でき、流産を防げる可能性が高いです。
流産の原因と予防
流産の原因を正しく理解し、予防しましょう。
つわりの対策
つわりにはどんな症状があるのでしょうか?
妊娠中のタバコとアルコールの影響
妊娠中に摂取するタバコとアルコールは赤ちゃんどう影響を与えるでしょうか!?
妊娠中毒症の症状と予防
妊娠中毒症は母子共に危険なとくに気をつけたい病気のひとつ。
妊婦の腰痛対策
妊娠中の腰痛はつらいもの。妊娠中の腰痛を和らげるコツを解説。
妊娠 お腹の張り原因・対策
妊娠中期から後期にかけてお腹が張ることがよくあります。お腹の張りの症状・原因・対策・予防について。
早産の原因・兆候と予防
妊娠6~9ヶ月は早産の可能性があります。赤ちゃんとママのために早産を予防しましょう。
妊娠中の痔の予防と治療
妊娠中に便秘や痔に悩まされている方も多いのでは。持病にしたくなかったら早めに予防・治療しましょう。