妊娠中の理想的な体重増加

 

妊娠したら理想的な体重の増加推移は!?

つわりがおさまって体重が増えてくると、赤ちゃんもぐんぐん成長していると楽観しがち。
でもどんなに太っても、生まれてくる赤ちゃんは3kg程度。
それに、太ることによって、妊娠中や出産時のリスクも大きくなります。
ママの最終的な体重増加は10kgまでに抑えるのが理想です。

 

理想的な体重増加

増加体重には、赤ちゃんの体重と胎盤の羊水の重さがあります。ママの子宮やバストも当然重くなり、
血液や水分も増えます。出産や授乳、育児に備えての皮下脂肪も増えます。
それらを合計すると、基本的には10kg増の体重増加が理想的ということになります。

 

体重増加の内訳

赤ちゃん:約3kg
胎盤、羊水:約1kg
おおきくなった乳房、子宮:約1kg
血液、水分:約2kg
皮下脂肪:約3kg
合計:約10kg

 

 

理想体重の変化

妊娠24週から体重は急上昇しがちです。ですから、それまではできるかぎり体重を抑えめにしたいもの。

 

この10kg増という最終目標に向かって、体重増加をいまからチェックしましょう。
だいたい、1週間に300gが理想。500g以上増えているようなら、
食生活や日常生活を見直して、コントロールを。
妊娠中の太り過ぎはいろいろな影響が出てくるので禁物です。

 

 

安産へ向けて理想体重

理想体重10kg増は一般的な目安です。妊娠前に太めだったかスリムだったかで、やや数値が変わってきます。もともと太めの人は最終体重が5~7kg増でも大丈夫。必要な皮下脂肪はすでに蓄えてあると考えます。
まず、自分の標準体重を知った上で、増えてもよい体重に向けて努力しましょう。

 

肥満度の計算方法

標準体重(kg) <身長(cm)-100>x0.9
肥満度(%) (現在の体重-標準体重)/標準体重x100


 

関連ページ

妊娠中の赤ちゃんの大きさ
妊娠中の赤ちゃんの身長・体重や成長の過程を紹介しています。
妊婦の体の変化
妊娠により妊婦さんの体はどう変化するでしょうか!?
妊娠中の胎動
「胎動を感じたとき」は妊娠中に幸せを感じるときでは!?胎動の意味・感じ方・胎動がない時などの対応。