子宮外妊娠

 

子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうこと。

 

全妊娠に対する割合はおよそ1%程度。
子宮外妊娠は初産比べて経産に多く、特に1回経産婦が最も多いことも特徴です。

 

子宮外妊娠は、受精卵が着床する場所によって「卵管妊娠」、「卵巣妊娠」、「腹腔妊娠」の3つに分類されますが、このうち98%を卵管妊娠が占め、残りの2%を卵巣妊娠と腹腔内妊娠が占めます。
ほとんどが卵管での妊娠です。

 

卵管妊娠は、卵管の途中で着床してしまもので、放っておくと卵管破裂を引き起こすこともあり、
今後の妊娠にも差し支えるので、出血や下腹部が痛むなどの症状があったときは、急いで受診をしましょう。


 

関連ページ

超音波検査
画像で胎児や母胎の様子が確認できる検査。
基礎体温
朝、目覚めてすぐに計った体温のこと。これを記録することでさまざまなことが分かります。
絨毛診断
染色体異常や遺伝子異常、先天性代謝異常などを調べるために行われる出生前診断のひとつ。
切迫流産
切迫流産は「妊娠22週未満の流産しかかった状態」のこと。
多胎妊娠
双子以上の赤ちゃんを同時に妊娠している状態。
つわり
妊娠初期に起こる胃のむかつきや嘔吐、吐き気、食欲不振など胃や腸の不快症状のこと。
トキソプラズマ
トキソプラズマ原虫と呼ばれる単細胞の寄生虫で赤ちゃんに影響することもあります。
妊娠うつ
妊娠をきっかけに気分が落ち込んだり、くよくよ悩むようになるなどの軽い憂うつ状態に陥ること。
妊娠検査薬
妊娠したかどうかが分かる市販の検査薬。
母子健康手帳
妊娠初期から小学校に入学するまで母子の健康記録。
母性健康管理指導事項連絡カード
医師が働く妊婦に必要だと判断した措置を雇用者に連絡するためのカード。
胎芽
妊娠8週(3カ月)までの胎児こと。
妊娠検査薬
妊娠したかどうかがわかる市販の検査薬。