子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうこと。

 

全妊娠に対する割合はおよそ1%程度。
子宮外妊娠は初産比べて経産に多く、特に1回経産婦が最も多いことも特徴です。

 

子宮外妊娠は、受精卵が着床する場所によって「卵管妊娠」、「卵巣妊娠」、「腹腔妊娠」の3つに分類されますが、このうち98%を卵管妊娠が占め、残りの2%を卵巣妊娠と腹腔内妊娠が占めます。
ほとんどが卵管での妊娠です。

 

卵管妊娠は、卵管の途中で着床してしまもので、放っておくと卵管破裂を引き起こすこともあり、
今後の妊娠にも差し支えるので、出血や下腹部が痛むなどの症状があったときは、急いで受診をしましょう。

対象商品購入でヒトプラセンタジェル無料プレゼント 300 x 250