多胎妊娠

 

多胎妊娠とは

双子以上の赤ちゃんを同時に妊娠している状態を多胎妊娠といいます。

 

胎児が2人の場合を双胎(そうたい)(ふたご)、3人の場合を三胎(さんたい)、4人、5人の場合をそれぞれ四胎(したい)、五胎(ごたい)といいます。

 

多胎妊娠は、1個の受精卵から2個以上の胚芽が発生し発育した一卵性多胎と複数の卵子が同時に排卵されて受精する多卵性多胎とに分けられます。

 

 

一卵性双胎の原因は不明で、遺伝性や人種間の格差はないといわれています。
一方、多卵性多胎は、人種間の格差や、遺伝傾向があることがわかっています。
東洋人より白人、白人より黒人に多く、また母親が多胎だと娘も多胎になりやすいです。
また、高年齢で多産の女性に多いともいわれています。

 

 近年、不妊症研究の飛躍的進歩にともない、以前ではとうてい子どものもてなかった夫婦にも、子どもをもつことが可能になりました。しかしその反面、複数の卵を同時に成熟させる排卵誘発剤の使用や体外受精・胚移植が普及したことにより、多卵性多胎が増加してきています。

 

 

多胎妊娠すると子宮が、単胎の妊娠週数の場合に比べて大きくなり、
腹部のあちこちで胎動が感じられるようになります。
おなかに触ると、頭部が1個以上あるのが分かり、異なる場所で異なる胎児の心音を聴きとることができます。
多胎妊娠では、早産を勧められるすことが多く、胎児の体重が単胎の場合と比べて少ないことがよくあります。


 

関連ページ

超音波検査
画像で胎児や母胎の様子が確認できる検査。
基礎体温
朝、目覚めてすぐに計った体温のこと。これを記録することでさまざまなことが分かります。
子宮外妊娠
受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうこと。まれに起こります。
絨毛診断
染色体異常や遺伝子異常、先天性代謝異常などを調べるために行われる出生前診断のひとつ。
切迫流産
切迫流産は「妊娠22週未満の流産しかかった状態」のこと。
つわり
妊娠初期に起こる胃のむかつきや嘔吐、吐き気、食欲不振など胃や腸の不快症状のこと。
トキソプラズマ
トキソプラズマ原虫と呼ばれる単細胞の寄生虫で赤ちゃんに影響することもあります。
妊娠うつ
妊娠をきっかけに気分が落ち込んだり、くよくよ悩むようになるなどの軽い憂うつ状態に陥ること。
妊娠検査薬
妊娠したかどうかが分かる市販の検査薬。
母子健康手帳
妊娠初期から小学校に入学するまで母子の健康記録。
母性健康管理指導事項連絡カード
医師が働く妊婦に必要だと判断した措置を雇用者に連絡するためのカード。
胎芽
妊娠8週(3カ月)までの胎児こと。
妊娠検査薬
妊娠したかどうかがわかる市販の検査薬。